• beluna

食事が人間関係を決める


子どもとの関わり方がわからない。

喋らない、

喋れば暴言

というご相談でした。



息子さんの命式を見ると

生年中殺と生日中殺をお持ちなので、

四柱推命的にみると、

親とのご縁が少ない

人と異なる価値観を持っている

ことが考えられます。


だから、

親からすると

少し分からないところがあるかもしれません。



が。

お母様のお話の仕方や

望診法でお身体の状態を見ると

とっても優しい雰囲気なんですが、



極陰性。。。




お食事を伺うと、

甘いものが相当お好きで

ご飯の代わりにケーキ。

なんていうこともしょっちゅう。





※糖が身体を陰性にする。

という意味ではありません。


そして、


疲れやすいし、


息子さんのことで

不安や心配事しか頭に浮かばない。


ということでした。




不安や恐怖の感情は

陰陽五行では「腎」に由来します。



甘味の取りすぎで

土のエネルギーが強まりすぎて

水を攻撃。





その結果、腎が弱まり

恐怖や不安を強く感じてしまう。



というのは、よくあるパターン。









慢性的な腰痛もお持ちでしたしね。

腎臓が悲鳴をあげている状態です。



そのため、

息子さんのことが心配になりすぎて

あれこれ口を出してしまう。



そりゃ、

不安のエネルギーばっかり出してたら、


息子さんも

色々話をしたくなくなっちゃうし、

口を開けば暴言になりますね。。。



極陰性の人って

周りの人を極陽性にする。


極陽性を引き寄せるというか。



だから、

暴言吐かれたり、

攻撃されることが多くなります。




自分が中庸で

心身ともに健康であれば、



心地よいエネルギーを出せば

心地よいエネルギーが返ってきます。





子どもの立場としては、

心配じゃなくて

信用してほしいよね。



心配で不安のエネルギーは要らん。笑



持って生まれた命式による


価値観の違いや

コミュニケーションの取り方に違いはあるけれど、

その違いがうまくバランスをとることで

宇宙は成り立っています。



しかし、


体と心が

陰陽のどちらかに偏りすぎていては


バランスが崩れてしまい


周りとの調和は難しい。




人間関係で悩んでいるなら、

自分の持っている星を知ることも


とても有効ですが、



それと同じくらい

自分の体と心の状態を知ることも大切です。



※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※


健康運気学鑑定では、


東洋医学×四柱推命で


持って生まれた体質と

食事による後天的な体質を読み取って



身体と心を整える

方法をお伝えしてます。



ZOOMを使った

オンライン鑑定も行なっております。



お気軽にお問い合わせ下さい♪

0回の閲覧

陰陽アロマセラピスト講座

Copyright © 2015-2019 Beluna  All Rights Reserved.