土用の養生 東洋医学「脾・胃」

「土用」は季節の変わり目である

立春、立夏、立秋、立冬の前の

18日間を「土用」と呼び、


年に4回あります。


「胃・脾臓」系に影響し、

免疫系の働きを担っています。




●脾

食べたものを消化吸収するだけでなく、

体に必要なもの(生命エネルギー)を

体中に配る働きがあります。


また、血管から血液が漏れ出すのを防ぎます。



●胃

食べものをある程度消化吸収し、

小腸へ送り出す働きがあります。


「脾・胃」働きが弱くなると、

身体の各臓器にエネルギーが届かないため、

トラブルが出始めます。



<五行別の不調>

・肝→貧血や生理の遅れ

・心→冷え性、低血圧

・肺→息切れ、便秘、下痢

・腎→皮膚が乾燥する



身体にトラブルがある方は、

その臓器のケアも必要ですが、

胃腸の働きを整えて食べたものを

しっかりと吸収できるようにすることも重要です。





また、「土」のエネルギーである脾・胃は、


思考や情報、知識などの消化吸収にも関連しています。

エネルギーのバランスが取れていると、

大地のような母性で思いやりを持って、

人を育てたり愛情を注ぐことができますが、



バランスが崩れると、

集中力に欠け、考え過ぎて胃を痛めたり、

過度の依存心や過保護になって


相手に強く求めてしまうことも。




知識や知恵は使う(アウトプットする)ことで、

初めて価値があるも。



自分にとって必要な情報は使い、

要らない情報は溜め込まずに

どんどん手放していきましょう。




このように、

身体と心は常につながっています。


心にストレスを抱えているなら身体が乱れている証拠。

身体にトラブルがあるなら、心が乱れている証拠。


どちら