【不眠解消】夜の睡眠を邪魔しない昼寝のコツ

睡眠は


ノンレム睡眠とレム睡眠を

繰り返しています。

1回のノンレム睡眠と

レム睡眠を合わせると

80~100分の周期になります。


※90分を1サイクルとして

 目覚めると良いよ。


と言われていますが、

 個人差があるので、

必ずしも90分ぴったりではありません。




●レム睡眠とは

 脳が活発に働いていて

記憶の整理や定着が行われます。

 目がぴくぴく動く

眼球運動が見られるのもこの時です。

●ノンレム睡眠とは

 脳が休息し、

身体の疲労回復が行われています。

 新陳代謝を促して細胞の修復、

成長ホルモンの分泌などが

 見られます。

そのため、

レム睡眠は浅い睡眠で

ノンレム睡眠は深い睡眠

と言われることがありますが、

実際はどちらも非常に必要な睡眠です。



深い睡眠(ノンレム睡眠)時は

睡眠開始から約3時間に集中します。

しかし、この深い睡眠の長さは、

起きていた時間の長さに比例するので

昼寝を長く取ってしまうと

昼寝の間に深い睡眠に入ってしまい、

夜眠れなくなってしまいます。

日中、昼寝をする場合は、

15~30分程度にとどめておきましょう。


また、時間も15時までがベストです。

気がつけば

長く眠ってしまうという方は


昼寝の前にカフェインが含まれる

飲み物を飲みましょう。


カフェインの覚醒作用が30分程度で

効果を発揮してくれます。




また、