【天然の薬箱】急な痛みに(打ち身)

先日、母が姉宅で

足の薬指を強打したらしく、

薬指を腫らして帰ってきました。


想像するだけで痛い・・・



すぐに氷で冷やしていたそうで、

医療従事者の姉の診断によると

「骨折はしていないよー。」

とのことでしたが

赤く腫れていて

内出血もありました。

早速、

ウィンターグリーン

ヘリクリサム

ペパーミント

ラベンダー

の精油を患部に塗布。




入浴後、もう一度塗布。

次の日も朝晩と塗布したら

その次の日には

腫れはほとんど引いいて

痛みもほとんどないとのこと。

内出血のところだけが

赤黒く残っていますが、

本人も


「こんなに早く良くなるとは。

アロマってすごいなー」

と喜んでしました。


ウチの毋は素直なので、

体の反応もとにかく素直。笑

変化が早く、

私もアロマをブレンドしがいがあります。

今回使用した

ウィンターグリーンの精油は

主成分であるサリチル酸メチルは

科学的にはアスピリンと同じなので、


鎮痛・鎮痙・抗炎症作用などに優れています。

その分、大量に使用すると

肝臓に対する負担が大きくなったりと


少し注意がいるので、

上級者向けではありますが、

お子さんが運動部で

筋肉疲労が強い時などには

マッサージすることで

リンパの流れを良くして、

筋肉の痛みを和らげてくれます。

私はアロマオイルと出会った時に

楽しくて楽しくて

いろんな種類を取り寄せては

試していました。

ストックを含めると

今も100本ほどあります。


使用期限があるので

そんなに持っておく必要は

ないと思うのですが(笑

今回のように

病院に行くほどじゃないけど

痛みがある

病院に行くまでの時間に

応急処置をしておきたい

というような時には

アロマオイルは

持ってて良かったなー。

と思うし、

日頃から使っているからこそ

いざという時に

使えるんだな。とも思いました。

知識があっても

実践できなきゃ意味がない。

これからもアロマとハーブを

日常に取り入れていきたいと思います。



ただ、

アロマテラピーは

医療行為ではないので、

症状が強い、長引くなど

いつもと違う状態があれば

自己判断せずに

お医者様にご相談くださいね。

Recent Posts