睡眠不足はあらゆる病気の原因に

こんなお悩みはありませんか?



☑︎寝つきが悪い

☑︎夜中に何度も目が覚める

☑︎夢を見ることが多い

☑︎日中に眠気を感じる


これらが慢性的になっていたら

不眠症かもしれません。

病院に行くと、

精神安定剤や睡眠導入剤が処方されますが、

薬の効き目が翌日まで続いて


日中も眠気が続いたり

筋肉の弛緩作用でふらついたり


物忘れ、

さらには認知症のリスクが高まる可能性もあります。


なるべく薬に頼らずに

心地よく眠りたいもの。






睡眠の質が悪くなる原因は

●夜遅い食事

●ベッド(寝床)でスマホを見る

●夕食後の仮眠

●身体に合わない寝具

など、

生活習慣や食生活が大きく影響します。


また、精神的な緊張や

悩みごとなどのストレスも原因になります。

中医学では、


自律神経をつかさどる「肝」

中枢神経をつかさどる「心」

思考をつかさどる「脾」

のトラブルが影響すると考えられます。





アロマの香りを取り入れることで

心身のバランスを整えて

上質な眠りを得られるようになります。

寝る前はテレビやスマホはオフにして

お部屋の照明を少し落とし、

アロマオイルで優しくマッサージしながら、

眠る準備をしてみましょう。

ご家族でマッサージし合うのもおすすめです。