アロマテラピー講座 基礎編 <イランイラン>

イランイランの精油は

熱帯で育つ常緑高木の花から抽出されます。

フローラルで甘く、

エキゾチックな香りは、

フランス香水ではよく使われる

華やかな香り。



イランイランの香りは、

精神活動に関わる「心」に働きかけ、

心のバランスを調整します。

緊張や興奮状態が続いていると、

リラックス効果をもたらし、

気分が落ち込み、気力が低下している人には

喜びを回復させて

気分を高揚させる効果をもたらします。


また、心の働きを高めて

血液を循環させ、

同期や高血圧といった

循環器系のトラブルにも効果を発揮します。

●五臓への作用

 心・腎

●身体への作用

 鎮静、血圧低下、ホルモン調整 など

●心への作用

 怒りや不安、恐怖を落ち着かせる、気分の高揚 など



~中医学~

心血虚(しんけっきょ)

精神活動に関わる心の気が不足すると

不安が強くなり、

喜びの感情を受け入れることが

できなくなります。

マンダリンを組み合わせると

不安を取り除き

心を活性化してくれます。

Recent Posts