アロマテラピー講座 基礎編 <ゼラニウム>


ゼラニウムの精油は、主に葉に強い芳香を持っています。


ローズの代用品として使われることもあり、

フローラル系で

華やかな女性らしい香りが特徴です。



ゼラニウムの精油は、

女性ホルモンと関係が深い腎に働きかけます。

ホルモンバランスを整えて

PMSなどの月経トラブルや

更年期特有のイライラ、

のぼせなどにも

効果的です。

また、腎の水分代謝を整える働きをサポートするため、

むくみやセルライト、

リンパの滞りなどの改善に役立ちます。




●五臓への作用

 腎・心

●身体への作用

 ホルモン調整、防虫、抗真菌、

収れん、リンパ強壮 など

●心の作用

 心のバランスを整え、ストレスを軽減する、

官能性を高める など


~中医学~

腎陰虚(じんいんきょ)

慢性的な疲れにより、

腎の機能が低下することで、

心の火が過剰になると

更年期に不安感が強くなり

眠りが浅くなることがあります。

ラベンダーと組み合わせると

リラックス効果が高まります。


Recent Posts