十二運星 3グループの特性

十二運星とは、


エネルギーの大きさを表し、その人の生き方や持っている才能、社会から求められている

自分の立ち位置など、様々なことがわかります。

それぞれの特性はこちら★

十二ある個性は大きく3つのグループに分けられます。

それぞれのテーマはこちらです。

<人志向グループ>

冠帯・墓・養・衰

・みんなと仲良く生きたい

・人柄の良い人と思われたい・

・思いやりがあり、信頼を築こうとする

●人と競争せずに生きていきたい

<城志向グループ>

長生・病・胎・帝旺

・誰からも文句を言われない

・自分の世界を構築したい

・何が何でも欲しいものは手に入れたい

●競争して人生に勝利したい


<大物グループ>

沐浴・死・絶・建禄

・いつも安心して元気でいたい

・すごい人と言われたい

・天下を取れるものが欲しい

●手っ取り早く成功したい





日柱、月柱、年柱に

それぞれのグループも個性を持っている人もいれば

一つのグループしか持っていない人もいます。

例えば

人志向の個性(冠帯・墓・養・衰)しか持っていない

城志向の個性(長生・病・胎・帝旺)しか持っていない

子ども

と言う親子がいた場合、

子どもは

一人で好きなように遊びたい

と思っていても

親は

友達と一緒に遊ぶことが

子どもの幸せだと感じるので、

一人で遊んでいると不安に感じるし、

友達と一緒に遊びなさい。

友達の仲良くしなさい。

と子どもに言い聞かせようとします。





子どもからすれば、

ただ一人で好きなことをして遊びたいだけだし、

友達と遊びたいと思ったら

遊ぶんだけど・・・。

でも友達と遊んでないと

色々言われるし・・・。

と、子どもながらに

自分の個性を押さえ込んだまま

大人になって

本質を生きていないこともあります。


子どもの頃に周りの大人たちに言われた言葉って


多かれ少なかれ

影響を及ぼすもの。



お子様の個性を知って


個性を伸ばす

個性を活かす


コミュニケーションが取れると


お互いのストレスが減るのではないでしょうか。

Recent Posts