口のトラブルについて①

口と唇は消化器の状態をあらわしています。

消化・吸収は食べ物を口に入れた瞬間から始まっています。


食べ物をよく噛むことで、胃腸の受け入れ準備も整い、

効率よく栄養を吸収することができます。

胃腸の内部は簡単に見ることができませんが、

口を見ることで消化器の内側を知ることができます。

<唇は消化器系の特定の領域をあらわしています

・上唇は胃

・下唇は大腸

・口角は十二指腸

●口の周りに吹き出もの

 胃腸の粘膜で炎症が起こり、その熱が上がってきている状態です。

 胃腸が虚弱の場合によく見られるので、

 まずはよく噛むことを心がけましょう。



●唇が乾燥している

 唇は身体の外に露出した粘膜なので、

 潤いを失うと、唇が乾燥してカサカサになったり、皮がむけます。

 風邪などの感染症で高い熱が出たり、内臓の病気、糖尿病などで体温が高くなると

 唇が乾きます。

 

 また、加齢や疲労などで身体の水分が減少すると、

 口の中や唇も乾燥してきます。この場合は、手足のほてりやのぼせを

 伴うことがあります。


●口角のかさぶた

 植物油や脂肪の多い動物性たんぱく質を摂りすぎることで

 胃や、十二指腸が炎症している可能性があります。

 右の口角は、肉、卵、チーズなどの摂り過ぎによって、

 肝臓や胆のうからの胆汁の排泄にトラブルが起きている状態。

 左の口角は膵臓の分泌物によるものです。



次は唇の色についてです。

Recent Posts