<夏> 心のトラブルについて

心臓は夏に活発に働きます。

中医学でいう「心」は血液を循環させて

熱や栄養素、酸素、水分などを身体の隅々まで行き渡らせる働きがあります。


夏は天の気が最も強い「陽の気」になるため、

地からは「陰の気」が強い植物がどんどん成長します。

心が疲れると、

むくみやのぼせ、舌先がピリピリしたり、

不眠などの心のトラブルが見られます。


まずは以下のチェックをしてみてください。


<心の疲労度チェック>

⬜︎舌先がピリピリする、赤くなる

⬜︎ ロレツが回らなくなることがある

⬜︎動悸や息切れを感じる

⬜︎手足がむくむ

⬜︎寝つきが悪い

⬜︎異常に汗をかく

⬜︎鼻先が赤くなる


●舌のトラブル

 心臓のトラブルで症状が出やすい器官が「舌」です。

 舌をよく噛んだり、ロレツが回らなくなるなどの言語障害や、 

 舌の痛み、硬直なども現れます。

 

●動悸、息切れ

 血液循環が滞ると、頭はのぼせているのに手足が冷えたり、

 立ちくらみ、動悸、不整脈、高血圧などのがトラブルが現れます。

●赤ら顔

 血液が滞り、頭に熱がこもると、顔が赤くなります。

 特に鼻先が赤くなるのは、甘いものや香辛料など、拡散の働きがある(陰性)

 食べ物を多く摂ることで、毛細血管が拡張するからです。

●睡眠障害

 「心」が弱ると「ココロ」の働きにも影響し、

 気持ちが落ち着かなくなったり、不安を感じて、不眠症になります。

 睡眠中の歯ぎしり、金縛り、よく夢をみる場合も

 心の弱りと判断します。

●多汗症

 血液循環が滞ると、熱の発散がうまくできず、たくさん汗をかいたり、

 夏場になると日射病や脱水症状を起こしやすくなります。


     

<心の食養>

血流をよくする食べ物として、人参、トマト、スイカ、小豆など、

赤い食べ物がオススメです。

また、心が疲れると苦味を欲します。

よもぎやフキ、菜の花などの野草の苦味は、

血液中の老廃物を浄化して血流を良くしてくれます。

綺麗な血液が流れることで血管が修復されるので、

高血圧などにも効果的です。

お野菜では、春菊や、大根葉、パセリなどもおすすめです。

心と肺・大腸は相剋関係にあるので、

苦味のある食べものを摂ることで便秘の改善にもつながります。

便秘の改善は血液を浄化するのに一番重要なので、

便秘をしやすい方は自然な苦味を積極的に摂りましょう。


<生活習慣>

軽い運動は血管を強化させます。

ウォーキングやストレッチなどで適度に血流を増やすことは、

血管のバイパスを作ります。