日柱 戊について

四柱推命で自分の本質を表すとされている日柱。



この赤ワクの部分です。

ご自身の命式をお知りになりたい方はこちら。

http://fortune-jewel.suinavi.com/index.php

花木えりなさんのサイトをお借りしています。


甲(きのえ  木の陽)

乙(きのと  木の陰)

丙(ひのえ  火の陽)

丁(ひのと  火の陰)

戊(つちのえ 土の陽)

己(つちのと 土の陰)

庚(かのえ  金の陽)

辛(かのと  金の陰)

壬(みずのえ 水の陽)

癸(みずのと 水の陰)


10種類あり、十干(じっかん)と言います。


ここに干支(えと)がついて

全部で60干支(かんし)あります。


自分の本質を表しているので、

この部分を理解しておくことは、


仕事での人間関係や

パートナーシップ、

子育てなどで感じるストレスの

原因を知るのにとても重要です♪



それでは

それぞれのタイプについて、見ていきましょう。


戊(つちのえ 土の陽)


あなたは自然界に例えると、「山」


人々に多くの恵みを与える神秘的な山です。





動くことのない山のように、

圧倒的な存在感があり、

ゆったりとしていて悠々堂々としています。


多くの人が山み魅せられて登るように、

人を惹きつける魅力を秘めています。


それは、細かいことは問わずに、

おおらかで、どんな相手でも拒まない


包容力を持っているからでしょう。





人に頼られることも多く、

面倒見も良いので、

組織づくりや、

人と人との調整力も抜群です。




また、山が決して動かないように、


自分のペースを乱されることや、

状況に合わせて

器用に自分を変えたりすることは

あまりありません。



自分のスタイルを貫き、

それに周囲を巻き込んでいく

パワフルさも魅力です。



しかし、意外と神経は細やかなので、


考えすぎて行動できなかったり、

優柔不断な生き方になることも。



運命は自分から関わっていくことで

切り開くこともあります。