日柱 辛について

四柱推命で自分の本質を表すとされている日柱。



この赤ワクの部分です。

ご自身の命式をお知りになりたい方はこちら。

http://fortune-jewel.suinavi.com/index.php

花木えりなさんのサイトをお借りしています。


甲(きのえ  木の陽)

乙(きのと  木の陰)

丙(ひのえ  火の陽)

丁(ひのと  火の陰)

戊(つちのえ 土の陽)

己(つちのと 土の陰)

庚(かのえ  金の陽)

辛(かのと  金の陰)

壬(みずのえ 水の陽)

癸(みずのと 水の陰)


10種類あり、十干(じっかん)と言います。


ここに干支(えと)がついて

全部で60干支(かんし)あります。


自分の本質を表しているので、

この部分を理解しておくことは、


仕事での人間関係や

パートナーシップ、

子育てなどで感じるストレスの

原因を知るのにとても重要です♪



それでは

それぞれのタイプについて、見ていきましょう。



辛(かのと 金の陰)


あなたは自然界に例えると、

きらびやかで価値の高い「宝石」。




その美しさと高価さにおいて、

人々にもてはやされ、愛される存在です。

それと同時に、

繊細な感受性と独特の美的感覚を持ち、


「自分は人と違う」


という特別意識を持っています。



世間の一般常識よりも、

自分の感覚において

「カッコ悪いこと」「品がないこと」

をとても嫌います。

そのため、一見

華やかに見えますが、


根は真面目で堅実。

ハメを外すといったことはありません。



自尊心が強く、

好き嫌いもはっきりしているので、

譲らないところは絶対に譲らない。


という面もありますが、

人の心に敏感に反応できるので、

人と合わせることも巧みです。