<春> 肝のトラブルについて

肝臓は春に活発に働きます。



中医学でいう「肝」は肝臓の働きだけではなく、

目、神経、筋肉、爪などを包括的に関連していて、

血液を解毒、分解するとともに、血液をたくわえる働きがあります。





春になると、

身体がだるく感じがしたり、目のトラブル、

イライラしたり感情が不安定になる。

または全くやる気が起こらない。

こんな症状があるかたは、肝が疲れているかもしれません。

<肝の疲労度チェック>

⬜︎目の乾燥、かすみ目、疲れ目がある

⬜︎肩こりやこむら返りがよくおこる

⬜︎頭痛がある

⬜︎ PMS、生理不順・生理痛などのトラブルがある

⬜︎爪が白っぽい、もろい

⬜︎便秘や下痢を繰り返す   

⬜︎イライラしたり、泣いたり感情が高ぶりやすい

●目のトラブル

 肝臓のトラブルで症状が出やすい器官が「目」です。

 目は最も新鮮な血液を必要としている器官なので、

 血液の汚れや滞りがあると目に症状が出やすくなります。

●肩こり

 血液の滞ることで「張り」を感じることがあります。

 食後にお腹が張ったり、生理の時の胸や下腹部の張り、

 肩や首の凝りも、肝の造血機能の弱りからくるもの。

●爪はのトラブル

 爪は筋のあまりと言われているので、

 肝臓の働きが低下すると、縦や横の線、爪が欠けるなどの

 トラブルが出ます。

●便秘や下痢を繰り返す

 肝は脾(胃腸)と相剋関係にあります。

 肝の緊張が続くと胃腸の働きを抑制し、

 食欲が乱れて便秘と下痢を繰り返します。

●イライラやストレス

 血液が汚れると、脳の血流も滞り、「怒り」が出やすくなります。

 生理前のイライラも肝の弱りから。


  

<肝の食養>

肝が疲れると酸味を欲します。

酸には、分解という働きがあるので、

身体の中の毒素をデトックスするためには酸はもってこいの食材。

梅酢や梅干し、味噌、醤油などの自然な酸味を摂りましょう。

胃腸の働きも高めてくれるのでオススメです。

※酸を摂り過ぎると筋肉を溶かしてしまうので

 果物の酸味やクエン酸、炭酸などは控えた方が良いでしょう。

また、血液を増やすことも重要なポイント。

人参やパセリ、ほうれん草、ブロッコリー、あさり、しじみなどは

血液を増やす食材になります。


<生活習慣>

肝臓が回復して、血液が再生されるのは寝ている時。

夜12時までには布団に入ることを心がけましょう。

春は新しいことが始まったりと、忙しくなりがち。

そんな時こそ、しっかりと休息をとって身体も心も休めましょう。

疲れていると、些細なことでイライラしてしまいがち。

無理はせず、ゆっくりと丁寧に過ごす意識を持ちましょう♡

Recent Posts