【アロアテラピー】更年期の不調に

更年期障害って、

みんなやってくる。


と思っている方も多いのですが、


それは大きな勘違い。。



「更年期」は45〜55歳くらいの間

とされていますので、


生きていれば全員にやってきます。




ただ、更年期に不調が起きる


いわゆる「更年期障害」は

全員に訪れるものではありません。




生理痛が軽い人、重い人がいるように



更年期障害は


何もない人


軽い人

重い人


身体不調が起きる人

メンタルに不調が起きる人



人によって様々です。



人によって異なるのは、

これまで積み上げてきた

食生活やライフスタイルによるもの。



つまり、

日々の食生活で身体を整えておけば、


更年期のトラブルを軽減することは可能です!


更年期のトラブル〜腎の望診法





しかしながら、

身体はすぐに変化する訳ではないし、



環境ホルモンの影響など、

自分だけでは防げないこともあるので、



日々の食事に加えて


アロマテラピー や

メディカルハーブでケアしておくことは

とても有効です。




それでは、

女性ホルモンのバランスに

おすすめのアロマオイルをご紹介します。



「ゼラニウム」


女性ホルモンと関係する

「腎」に働きかけてくれます。


ゼラニウムは、

ローズに似た甘い香りをしています。

ホルモンバランスを整えて

月経前のイライラ、不安、

更年期特有ののぼせなど

婦人科系のトラブルに効果を発揮します。




ホルモンバランス

皮脂バランス

自律神経のバランス

など、バランスを取ることが得意な精油でもあるので、

心と身体のバランスが崩れて


感情が不安定になったり

気分が変わりやすい時には

自分の軸を見つけて

バランスをとるサポートの役目を

してくれます。 



 

 

実は香りの好き嫌いが分かれる精油でもあるのですが、

これもホルモンバランスの影響と言えるでしょう。

 

苦手だけど使いたい・・

と言う方は、オレンジの精油とブレンドすると

甘い香りが和らいで使いやすくなります。

 



そのほかのブレンドについてはこちら


  

●芳香浴

<ブレンド>ラベンダー


寝室にディフューズすることで

更年期に起きる不安感、

寝汗がひどく眠りが浅くなるときにおすすめ



●ボディーマッサージ

<ブレンド>

・クラリセージ

・ベルガモット


下腹部をマッサージすると

月経前のイライラや

胸の張りにもおすすめ

☯️陰陽:陰

☯️五臓:腎、心

☯️五味:甘

🌈チャクラ:4


Recent Posts