食事が人間関係を決める


子どもとの関わり方がわからない。

喋らない、

喋れば暴言

というご相談でした。



息子さんの命式を見ると

生年中殺と生日中殺をお持ちなので、

四柱推命的にみると、

親とのご縁が少ない

人と異なる価値観を持っている

ことが考えられます。


だから、

親からすると

少し分からないところがあるかもしれません。



が。

お母様のお話の仕方や

望診法でお身体の状態を見ると

とっても優しい雰囲気なんですが、



極陰性。。。




お食事を伺うと、

甘いものが相当お好きで

ご飯の代わりにケーキ。

なんていうこともしょっちゅう。





※糖が身体を陰性にする。

という意味ではありません。


そして、


疲れやすいし、


息子さんのことで

不安や心配事しか頭に浮かばない。


ということでした。




不安や恐怖の感情は

陰陽五行では「腎」に由来します。



甘味の取りすぎで

土のエネルギーが強まりすぎて

水を攻撃。





その結果、腎が弱まり

恐怖や不安を強く感じてしまう。



というのは、よくあるパターン。









慢性的な腰痛もお持ちでしたしね。

腎臓が悲鳴をあげている状態です。